読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビ・ゆきの地上と地下と双子の英雄

地上と地下と双子の英雄置き場

地上と地下と双子の英雄 プロローグ 後編

 

 

「つーいたっと」

指定の場所で次元ワザを使い見慣れた街へとやってくる。ハザマタウンだ。

「さぁて。俺を呼んだのは誰だ?」

久しぶりの街に少し気分を上げながら当たりをキョロキョロと見回す。見慣れた家に差し掛かりふと見ると、やはり見知った顔がこちらを見つけて声を掛けに来た。

「おぉ!やはり来たかマリオ!オヌシのことをずっと待っていたであ〜る!」

「デアール、久しぶりだな!」

久しぶりの感動に思わず握手を交わす。デアールも俺の顔を確認出来たことで嬉しそうに微笑んだ。だが、そんな場合ではないとすぐに真剣な表情に戻る。

「いかんいかん!呑気にしている場合ではないのだ!ハザマタワーに行くのであ〜る!」

「ハザマタワーに?」

ハザマタワー、黒のヨゲン書の事件でピュアハートを集める際に何度も使っていた塔。もう一度そこへ行くのか…。

「なんかよくわかんねぇけど行ってくるよ。ありがとな、デアール」

「うむ、武運を祈っているのであ〜る!」

デアールが深く頷き俺をハザマタワーへと促す。同じく頷いて、俺はエレベーターを使いハザマタワーの頂上へと向かった。

 

チンッという軽快な音とともにエレベーターの扉が開く。塔はいまだに変わっておらず、寧ろ冒険をする前の扉が一つしかない姿へと戻っていた。扉を触りながら昔冒険をした思い出に耽る。あの時も、デアールの説明を受けながらもこれから始まる大冒険に胸を踊らせていた。

そして、今も。

「懐かしいですか、その赤い扉」

f:id:yukina-rinren:20170407192205j:image

誰もいないと思っていたこの空間。突然の話声にビックリしながら扉を目線からそらす。すぐ横にはいつの間にかいた俺と同じようなヒゲを携え、左半分の顔に包帯を巻いた青年が立っていた。

「初めまして、勇者よ。僕はライン・ウォーカー、よろしく」

青年は一礼すると、そんな風に挨拶をする。夢と同じ声、つまり夢で俺をハザマタウンに呼んだのはこいつなんだろう。

「いきなり呼ばれて、混乱するやも知れません。ですが今は切羽詰まっている状況です」

「分かってる、勿体ぶらずに説明しろよ」

「ありがとう」

そう言ってニコリと微笑んだあと、一つ咳払いをした。そして真剣な目つきで俺を見据える。

「この世界に地上とはまた違う別世界が色々あるのはご存知ですよね?」

相手の問いかけに頷く。聞いたことがあるし実際に俺も体験したことはあった。

「そしてその地上と一番近くにある別世界。それが地下世界アンダーグラウンドです」

アンダーグラウンド…聞いたことがないな。思わず首をかしげて見るが、知っていても知らなくても関係はないらしく話は進められる。

「そして、今その地下世界が活発に活動を始めています。良くない傾向に思わず僕は、未来を予知しました」

そこまで聞いて目をぱちくりとさせる。

こいつ今なんといった。未来を予知したっつったか。

「お前、未来予知出来んのかよ」

「不完全ですが、そういう一族の末裔ですので」

俺の純粋な気持ちに素直に答える。不完全とは、ハッキリと見えないということだろうか。いずれにせよ黒のヨゲン書と同じような力を持つ人間がいたとは。

「話を続けても?」

驚きながらも、静かに頷いた。

「…僕の未来予知によれば……アンダーグラウンドの連中の企みは、赤い帽子に青いツナギ、フサフサのヒゲの男。……つまり貴方を含めた七人の勇者がその復活を阻止、または根源を退治してくれるというのです」

なるほど、一人目は俺確定なのもいつも通りだな。

「ですが、残りの六人までは僕の未来予知ではハッキリと出ませんでした。唯一分かっているのは勇者達にはそれぞれ右手の甲に星型の紋章が付くということだけ」

「つまりなんだ。俺に紋章がついてる勇者達を扉の向こうから探し出してこいってことか」

そう言いながら今の話の途中から見えていた、手袋に隠れていた右手の甲を相手に見せる。

「そうなのです!流石は勇者様、話が早い」

喜びながら俺の右手に両手を添える。すると、不思議なことに右手の紋章が光り輝き扉と共鳴を始めた。しばらくすると光が止み、代わりに扉の鍵が開く音がした。

「なるほど、ピュアハートの次は星型の紋章か」

紋章を掲げながら呟く。満足すると青年の方に向き直りニッカリと笑った。

「よし、やってやろーじゃねぇか」

「ありがとうございます!」

この扉の先に、二人目がいるという。どんな奴かは知らねぇが、右手の甲を見りゃすぐだろ。

「あ、一つだけ注意点を」

「あ?」

「先ほどのように、紋章というのは最初からついてるものではないのです。選ばれしものと言えど、まだ不完全。なんらかのキッカケがないと出現しない可能性があります。マリオさんの紋章も、僕の話を聞いてから浮かび上がったものですから」

なるほどな。どうやら勇者集めは一筋縄ではいかないらしい。

「そうかい、分かった。まぁ、任せとけ」

これはまた、長い旅になりそうだと扉に手をかける。

最初の世界ははてさていかほどなものか。

ワクワクしなが赤い扉を開け、光に包まれながらその場所へと赴く。

そうして着いた先には、白と黒しか色のない森が広がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっれー?おっかしいなぁー…何処に行ったんだろう。僕の大切な物…」

 

 

 f:id:yukina-rinren:20170407192228j:image

 

 

-続く-